USBメモリはどれを選べばいい?大学生におすすめできるUSBメモリ5選!

【2022年】おすすめシリーズ

大学生になると、調べ物やレポートなどで保存する機会が増えるため、USBメモリを使う機会も増えてくるのではないでしょうか。しかし、USBメモリといっても様々な種類や規格などがあり、パソコンなどに詳しい人はともかく、あまり知らない人にとっては選び方が分からない・・・!となる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、大学でも問題なく使えるUSBメモリを5つご紹介したいと思います!

USBメモリとは?

USBメモリとは、データを保存することができるスティック状の機械になります。多くの人がUSBメモリを使用する理由は以下が挙げられます。

  • 軽くて持ち運びやすい
  • USBを指す場所があればすぐにデータを開くことができる

とにかく持ち運びが楽で、手軽にデータをやり取りできるのが特徴です!大学生は移動も頻繁にするので、まさにこのメリットを最大限に活かせるというわけです。

どんな規格があるのだろう?

実はUSBメモリと言っても、様々な種類があることを皆さんはご存じでしたか?USBメモリに限らずですが、パソコンなどのパーツには「規格」というものがあり、データをやり取りする速度などが明確に定められています。

用途によってデータを高速でやり取りしたい場合には、その規格に適合しているUSBメモリを選べばいいということですね!もちろん超高速USBメモリは、もちろん値段も張りますので、用途に応じて最適なものを購入しましょう!

USBメモリの規格というよりは、USBのデータ転送速度に規格が定められているので、その内容について以下にご紹介します。

【事前知識】bpsってなに?

はてな, 考える, 疑問, 困る, 悩む, 不安, 日本人, 質問, クエスチョン, 企画

bpsとは「Bits per second」と呼ばれ、1秒間に何ビット送信できるかを表す単位になります。でも皆さん「ビット」という単位、スマホの5Gの転送速度などで「最大20Gbpsの通信速度」とか聞きますけど、いまいちピンと来ないのではないでしょうか。

パソコン初心者の方でも、よく「MB(メガバイト)」ならご存じな方が多いと思います。ビットとバイトに変換する簡単な方法は8で割ることです。つまりこんな感じ。

最大20Gbps ⇒ 最大2.5GB

なので、今から説明する内容でbpsの単位が出てきたら、「8で割ればいいのか!」と思ってくださいね!

USB2.0

これは一般的に販売されているUSBメモリの規格になります。USB2.0は2000年に発表され、最大で480Mbpsの速度で転送することができます。ですが、この数値はあくまでも理論値なので、実際にはここまで早くデータのやり取りは出来ないのですが・・・

このUSBメモリの特徴は、安価で多くの種類のUSBメモリが販売されていることにあります。そのため、中には可愛らしいデザインのものから、クールでエキサイティングなUSBメモリもあります。

USB2.0であるかの見分け方は、USBメモリの差込口の色で分かります。白または黒の場合はUSB2.0です。

USB3.0

2008年にUSB2.0の次世代規格として誕生したのが、USB3.0です。これは最近になってようやく多く見かけるようになった印象です。USB3.0の見分け方は、差込口が青色であるかどうかで判断できます。

データ転送速度は驚異の5Gbps!USB2.0の時と比べると約10倍です。技術の進化、すごい・・・!

USB3.1

更に、2013年にUSB3.0の次世代規格、USB3.1が登場しました。これは意外と皆さん多くの人がこのUSBを使っていることにお気付きでしょうか?そうです、USB Type-Cです。Androidや最近だと最新のiPadがUSB Type-Cに対応していますが、これらはUSB3.1の規格になります。

USB3.1の転送速度はこれまたびっくりの10Gbps!たったの5秒でDVD1枚分に相当するんですよ・・・やばたにえん。

USB3.2

そして2017年に発表され、実際に発売されたのは2019年以降ですが、さらに次世代規格のUSB3.2が登場しました。転送速度は20Gbpsです。もう話がついていけません。しかし、現時点でUSB3.2対応のUSBメモリは販売されているものの、転送速度がこれらのような速度ではないことがほとんどです。

どんな機能があれば便利?

大学でUSBを使っていく中で、どんな機能があれば便利でしょうか?自分が大学生だった頃を思い出しつつ、こんな機能あったらいいよなー!と考えながら頑張って書いてみたので、ぜひご覧ください(笑)

データの復旧サービス

私はデータが消えたことはないですが、せっかく作ったレポートのデータがある日突然消えたら非常に困りますよね・・・。USBメモリの中にはデータ復旧サービスを提供しているものもあります。

もちろん、大切なデータであればUSBメモリ以外にもバックアップを取るべきですが、いざというときこういうサービスがあるととても安心できます。

データの暗号化

大学生活において機密データを扱うことはあまりありませんでしたが、大学院などでは多少データの取り扱いに注意すべきものもあるかもしれません。そんな場合にはデータの暗号化ができるUSBメモリがおすすめです。

万が一紛失したとしても、所有者以外は中身が見られないようになっているため、安心して使用することができます。

大学生おすすめのUSBメモリ5選!

では、先程までの内容を踏まえて大学生におすすめのUSBメモリを5つご紹介します!

KIOXIA(キオクシア)  16GB USB2.0

購入はこちら!

キオクシア(元東芝)のUSBメモリです。規格はUSB2.0となっており、一般的なUSBメモリになっています。このUSBメモリはサイズが通常よりもコンパクトなので、持ち運びはもちろん、パソコンに接続したときもあまり邪魔になりません。保証も1年間ついていますので、安心して利用できますよ!

バッファロー 32GB USB3.2(Gen1) RUF3-K32GA-BK/N

購入はこちら!

これと同じタイプのUSBメモリを筆者も昔持っていました。形もサイズもとてもオーソドックスですが、USB3.2に対応していて、価格が800円(執筆時点)というのは非常にコスパがいいです。

キャップを無くしがち、というのが少し残念な部分ではあるものの、まずはこの程度のUSBメモリを購入してみるのもいいと思います!

アイ・オー・データ  128GB USB 3.2 Gen 1 BUM-3D128G/K

購入はこちら!

次はアイ・オー・データが販売するUSBメモリになります。こちらもUSB3.2に対応しており、大きなデータのやり取りに向いています。この商品は容量のラインナップが多彩で、16GBから256GBまで用意されています。自分が取り扱うデータ量に沿って購入できるのはとてもいいですね!

価格も16GBだと698円からと、非常に低価格な設定になっているため、購入のハードルも低くなっています。これも先程のバッファローと同じくキャップ型ですが、後ろに取り付けれるタイプなので、多少紛失のリスクは下がります。

ソニー 32GB USB3.0 USM32GTN

購入はこちら!

USBメモリの紹介で、このメーカーを紹介しないわけにはいきませんね!オシャレUSBメモリの代表格、SONYです。個人的な記憶ですが、ノックタイプのUSBメモリを最初に発売したのは確かSONYだったような・・・気がします。(エレコムだったりして)

SONYのUSBメモリはデザインが非常に洗練されており、個人的にはとても好きです。が、ちょっと高額なのが惜しい・・・32GBで2890円(執筆時点)ですからね(笑)

でも大人の色気というか、風格は本当に出るものなので、やっぱビジネスシーンとかでこれをパッと出せたら、それはかっこよく決まるよなー!と思っています(笑)個人的に推しのUSBメモリです!

SanDisk USB3.1 SDCZ430-016G

購入はこちら!

最後は少し変わったUSBメモリのご紹介です。SanDiskの超小型USBメモリになります。USBメモリの最大の欠点は、やはりパソコンに接続したときに邪魔になること。挿しっ放しというのがなかなかできないですよね。移動時には絶対抜かないといけませんし。

いやいや、そんなお悩みを解決できるUSBメモリ、ありますよ!!

このUSBメモリ、何と長さがたったの3cmしかありません。なので、パソコンに接続したまま持ち運んでも全く邪魔になりません!持ち運びの多い大学生にとって、このUSBメモリはベストソリューションになると思います!

ちなみに私も大学生のこと、SanDiskの超小型USBを購入して使っていました。

ただ1つだけ注意点が。このUSB、動作時にそれなりに熱を持ってしまいます。なので、使用後すぐに抜こうとするとまぁまぁ熱かったりするのが気を付けるべきポイントですね。それ以外は本当に最高のUSBメモリなので、大学生には一番おすすめできるUSBです!

ちなみに価格は16GBモデルで、執筆時点で750円になります。安い!

USBメモリを使うときの注意点

USBメモリを使うときに注意しないといけないものはただ一つ。「紛失しないようにすること」です。USBメモリは、その小型さゆえに簡単に無くしてしまいがちです。大切なデータを保管している以上、紛失はあってはいけません。そのため、ストラップを付けるなど、紛失のリスクを下げるような工夫をすることを強くおすすめします。

これは社会人になっても実行した方がいいと思うので、ぜひ大学生の頃から習慣づけてみてくださいね!

まとめ

今回は大学生におすすめのUSBメモリ5選をご紹介しました!

パソコンの記憶領域が大きくなったことや、クラウドサービスの普及により、以前に比べると需要が落ち着きつつあるUSBメモリですが、大学生にとってはまだまだ使用する機会もあると思います。特に研究室での発表などは、使う機会があるのではないでしょうか。

そんなときに使いやすいUSBメモリをそろえておくことは、とても大事なことです。皆さんもぜひ自分にとって使いやすいUSBメモリを探してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました